我らがオタク

アニメに関する情報の5chや、Twitterの声をまとめました。

    ツイッターやってます!フォローすれば更新したらわかるようになりますのでフォローお願いします!フォロバ100%‼︎

    カテゴリ: ロボット

    満足しないで努力をし続けるのは凄いことだと思うけどね

    1 muffin ★ :2020/02/17(月) 14:32:21 ID:nUXsYo8Z9.net

    https://withnews.jp/article/f0200217001qq000000000000000G00110701qq000020457A
    2020/02/17

    「反省」「敗北」。自身の活動を振り返る展覧会について返ってきたのは、後ろ向きな言葉だった。「機動戦士ガンダム」シリーズの生みの親である富野由悠季さん(78)は、自らに対してとことんストイックです。人類の愚かさへの「絶対的な諦め」があるという世界観。それでも、消えない子どもたちへの希望。富野さんがガンダムをはじめとする作品を通じて伝えようとしていることは何か。話を聞きました。

    ――島根県益田市の県芸術文化センター・グラントワで開かれている「富野由悠季の世界」展(3月23日まで)では、代表作「機動戦士ガンダム」から、劇場最新作の「Gのレコンギスタ」までの約3千点にわたる資料が並んでいます。自身の仕事を振り返る展示を見て、何か感じ取ったことはありますか。

    「自分の視界が決して広くはなくて、『こんなもんなんだ』と突きつけられているだけで、あまり気持ちいいものではないというのが自己評価ですね」

    「基本的におもちゃ屋がスポンサーで、巨大ロボットものを作らないといけないという条件があったから、なんとか色合いを変えて作ってみたいと思った。だけど、自分に思想性がないために、作家として狭すぎることが、こういう風なものしか作れなかったという反省を突きつけられていると、いちいち感じています」

    「本来、作家というのは、もう少し幅が広くないといけないという理想論があるんです。ですから、作家としてあるべき理念に対して近づくことができなかったという悔しい思いがあります」

    ――今ならもっと良い物を作れたという反省があるのでしょうか。

    「優れた作品というのはやはりこんなものじゃないです。何が一番足りなかったかというと、単純に学力がなかった」

    「例えばダンテの『神曲』は、大学生の時に読んでただただすごさを感じた。20年ぐらいたってから、なぜダンテがあれを書けたのか分かった。ダンテが生まれ育った土地が持っている伝承話を集めて、集大成にして自分の物語ラインに持ってきた。そういう構造があって神曲が書けたんだと分かった」

    「その時に、自分の妄想だけで戯曲、詩の一つも書けると思うなよと感じたんですよ。作家たる人は、それをみんなやっている。自分の人生の機微や、じいちゃんばあちゃんが言っていたこと、色んな小説を読む中で身につけていった学識などで作っていると感じています」

    ――社会問題などを反映し、単なる勧善懲悪にならない深みのあるストーリーがあったから、ガンダムは同時代の他のアニメとは違う評価になったと感じています。ガンダムに対する世間の評価をどう分析しているのでしょうか。

    「科学技術とか機械工学とか、大衆自動車が世間に一般化してきた時に、分かりやすいという部分で評価されたにすぎないと感じます」

    「(ガンダムが放送された1970~80年代は)モータリゼーションの時代だったから、ガンダムが見られた。そのことがガンダムについての固有の評価なのかあやしいと思います」

    ――ガンダムの世界では、地球の資源問題や環境問題も大きな社会背景として出てきますが、そういった現代的な問いを投げかけたかったのでしょうか。

    「簡単な言い方をすると、『真』を打つことができていない。人類がここまでやってきたことが真なのか、真ではないのかという話になった時に、この部分を書きたかったけど、力不足で誰も目を向けてくれなかった」

    「ガンダムの延長線上にあるから、分かりにくいのは承知の上です。しかし、やはり結果を知れば敗北感しかないです」

    続きはソースをご覧下さい


    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    【【アニメ】富野由悠季さん、あのガンダムを作っておきながら敗北感を感じる模様】の続きを読む



    (出典 www.bandai.co.jp)


    まあ自分はしらんけど

    1 名無しで叶える物語 :2020/02/09(日) 21:13:25.82 ID:MXYNFNtp.net

    会場大爆笑で置いてけぼりだったので、おすすめのガンダム教えて下さい。


    【お前ら勿論知ってるよなガンダム幕間アニメの元ネタ】の続きを読む

    アムロいきまーす

    (出典 img.sunrise-inc.co.jp)



    1 muffin ★ :2020/01/31(金) 12:18:27.54 ID:6Pm//M1U9.net

    http://amass.jp/130775/
    2020/01/31 1

    NHK BSプレミアムにて『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』(全13話)の集中放送が決定。2月8日から4週連続・土曜深夜に放送。

    ■『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』
    <放送スケジュール>

    「第1~4話」  2月9日(日)[※8日深夜] 午前1時15分~2時55分
    「第5~8話」  2月16日(日)[※15日深夜] 午前1時15分~2時55分
    「第9~12話」  2月23日(日)[※22日深夜] 午前1時15分~2時55分
    「第13話」  3月1日(日)[※29日深夜] 午前2時15分~2時40分 
    <あらすじ>
    1979年に放送されたアニメ『機動戦士ガンダム』。
    その作品中で主人公・アムロの強敵として登場したジオン公国軍のエースパイロット「シャア・アズナブル」が、“赤い彗星”として怖れられる存在に成長するまでの半生を軸に、地球連邦とジオン公国による「一年戦争」緒戦までの物語を描いたアニメが『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』です。
    アムロやシャアのキャラクターデザインを手がけた安彦良和氏の漫画原作を元に、安彦氏が自ら指揮をとって製作したオリジナルアニメシリーズ(全6話)を再編集、13本のテレビシリーズとして初放送します。

    アニメでは、シャア・アズナブルと彼の妹セイラ・マスの運命を決定づけた悲劇の始まりと過去~2人の兄妹の流転の物語~を背景に、地球連邦からの独立をかかげ後にジオン公国となるスペースコロニー国家、サイド3の実権を掌握し統率するザビ家の人びとの姿、ランバ・ラルや黒い三連星など後にジオン軍のエースとなるパイロットたちの若き日々、戦争を劇的に変えた人型機動兵器「モビルスーツ」の開発秘話、地球連邦軍の思惑や開戦までの道など、宇宙世紀における数々の歴史的物語が映像として初めて描かれます。

    https://www6.nhk.or.jp/anime/program/detail.html?i=gundamtheorigin

    (出典 www6.nhk.or.jp)


    【やったぜ!ロボット物だ!『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』の集中放送決定 NHK BSプレミアム】の続きを読む

    このページのトップヘ